スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yoshimoto

05 07, 2010
GW中に大阪で吉本新喜劇見てきました。大阪で生まれ育ったのに生で吉本見るのは今回が初w。という人も多いのでは?新喜劇の前にある前座では生の笑い飯、中川家見れてテンションあがりました。礼二めちゃめちゃおもろかったー。でも実は一番笑い取ってたのは落語家、桂文珍。生で見るのはもちろんのことちゃんと落語を聞くのも初めてでしたが、正直びっくりしました。おもろい。おもろいだけじゃなくって、何か「おぉぉぉぉ。」って感動がある。芸術です。観客の心100パーセント掴んでました。あと、文珍さんの落語で使われてる「寸止め」にも感動しました。オチの手前まで話をしてオチの部分は客に想像させる。「もう話終わってしまいましたな。」と文珍さんが言うと、すぐに笑う客もいれば、「あぁ、そゆことか。」って気づいてから笑う客もいるのでクスクスから5秒くらいで会場が爆笑と歓声に包まれていく感じでした。そのあとで、「9割のお客さんはわかってくれてるけど、あとの1割はぽかーんとしてはるから説明しますわ。もっとがんばりなはれや。」とか言いながらオチの部分の話をしてもうひと笑い。文珍さん最高です!生で見れたのも良かったし、落語のおもしろさに気づいて良かったです。ぽっどきゃすとで落語探そう。あ、新喜劇もめちゃめちゃ笑いました。生で見る方が劇場の空気とかアドリブ感が伝わって断然おもろい。ラストに笑いなしでええ台詞言わなアカンとこのシーンで、辻本がびみょーに噛んだとき、劇場全体の「あぁ、アイツここで噛みよった。。。w」的な空気とか一体感がすごかったです。(しかも気づかんくらいに噛んだだけやのに皆鋭かった。)その時も辻本のアドリブで大爆笑に変わりましたが。ほんま腹痛かったです。ぜったいまた見に行きます。

3 CommentsPosted in Holiday
-3 Comments
By 05 08, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

By yukyik05 11, 2010 - URL [ edit ]

まだ見たことない。ていうか帰ってきてたんやー

By 05 13, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析