スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thinking to play soccer

08 14, 2008
syunsuke.jpg
中村俊輔がイタリアに渡ったころの話から、プロのサッカー選手にも関わらず大変な生活を体験したことや、サッカーに対してどう考えて、どう練習して、試合でどうプレーしたか、ってのが書かれている。プロのスポーツ選手の考え方を知ることができるという意味では、ふつうは編集された新聞記事や雑誌のインタビューからしか想像できないから、そういう意味でもすごく貴重な本だと思う。本を読むまでは、中村俊輔は天才肌と思っていたけど実際は違った。とにかくストイックで、常に危機感を持っていて、チャレンジングで、何より「考える」ことを重視している努力家だった。自分の成長のために常により厳しい環境を選んで、新しい国・文化・チームを経験し、どんなことが大切か?を学んでいくプロセスの部分は、サッカーに興味のない人でも十分に読み応えがあると思う。留学経験のある人は共感できる部分もあるはず。引退した中田英寿は本書いてないのに、なんで現役バリバリの中村俊輔が今の時期にこの本を書いたのかは疑問ですが。。。
0 CommentsPosted in books
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析