スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Punctual? No, I'm tardy.

08 05, 2008
airp.jpg
フランスでは就職の面接の時に「handwriting」、つまり字をどんな風に書くか?を参考にするらしい(イギリス人の先生が言ってた)。字が汚い人は細かい仕事はできない、ってなふうに判断されるんかな。文化の違いとは言え、判断材料はいろいろあるもんですなー。あと、欧米文化では「reference」と言って、大学の先生や前職の上司の紹介状や推薦状みたいなのが必ず必要らしい。日本でも大学の先生とかの推薦状が必要やったら、もっと真面目に授業出席して受けてたやろな。いや受けてないやろなー。

When people have job interviews in France, their handwriting are considered.(British teacher said). I wonder if the person who is poor at handwriting is regarded as a person who is bad at meticulous works. There are many points of judgement depends on a culture.And in westerncountry,people need a kind of letter of introduction or recommendation (that is called "reference") by their professor or previous boss.If we also need them in Japan, I attended classes and studied more seriously.NO,maybe not.

Previous: Peech tree

Next: Drinking in HK
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析