スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daytime drowsiness

09 12, 2007
工場研修もカウントダウン。残3日。水、木、金。ここ数日はラストスパートと言うよりは軽く流している感じ。というのも青山さんがいることで自分のポジションの生産台数が確保できてて、特にハイピッチでやる必要がない。最近は違う仕事やってる時間も多い。残りわずかとなると、名残惜しくも感じる。でも3ヶ月もいれば当たり前か。一刻も早く営業部に戻りたいという気持ちは変わりない。

3ヶ月の工場研修にはどんな成果があるのか?この問いに答えることはかなり難しいと思う。なぜなら、こういう問いが期待している答えは、決まって”得たもの”だけにスポットライトが当たってて、3ヶ月もの時間を工場に費やしていなければ”本来得られていたもの”の存在は無視されるからだ。「良い経験ができた」と言えば間違いではないけれど、工場に行ってなければ、3ヶ月の間に他のもっと良い経験があったかも知れない。そんな事を言い出せばキリがないのは分かってる。でも、「将来きっと役に立つよ。」なんて台詞でまとめてしまうと、「工場研修での成果は何なのか?」ということは一生見えてこない。将来役に立った瞬間にも、「工場研修の成果はこれだ」なんて気づきもしないだろう。

これは営業部の仕事でいかに活かせるか?って事にも関わってくるから、営業部の仕事内容が漠然としている今ははっきりと断言できない。でも、この段階で成果と呼べるものをピックアップしてみる。

①製造部とのパイプ
②一人で3ヶ月間工場研修を受けたということ
③5時半起きの習慣

①は確実に営業に行ってからも仕事をする上で役立つはず。分からんことがあったら何でも聞きにいける。聞きたいけど、知ってる人おらへんって状態とは雲泥の差。

②はメンタル面。2人以上で研修するのとワケが違った。今までの全体研修なんかとは比べもんにならんほどのストレスがあった。

③は社会人として良い習慣やし、これからもキープすれば良い影響があると思う。

以上、3点は断言できる。他に思いつく成果は、冒頭の「3ヶ月あったら他に何ができたか?」って考えに照らし合わせてみると、なかなかはっきりとは言い切れないかも知れない。

さて、問題はこれらをどこまで言うべきか?どのように発表するのか?おそらく、製造部への発表と営業部への発表じゃかなり内容が違ってくる。つまり、製造部は「今後の現場改善」に活かせるような意見や「現場はこういう風に成り立ってるって事十分に理解できたかな?」って理解度を期待している。一方、営業部は「営業部からの研修としてどうだった?」って事が第一の関心であることは間違いない。

ベストなのは、来年の研修をより効率良くするための提案を製造部の人の気にさわらないように発表する、なんやろけど、たぶんそこまで求められてない気がする。なので今週金曜は、無難に無難に「良い経験になりました。」ってな抽象的なことを連発してるんでしょう。はい。
0 CommentsPosted in Job

Previous: Japan is ...

Next: my play style
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析