スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't stop thinking.

02 18, 2007
ここ二日でまた店でゴタゴタがあった。辞める人に問題がなくはないと思う。でも、少し考えてみると、こうもキレイでない形で辞める人が続くというのは、やっぱり店にも見えない問題ってのはあるような気がしてきた。”何が”とか”誰が”とかハッキリしては来ないけど、負のオーラを纏ってるんやろーな。まあ諸悪の根源が”誰か?”ってのは分かってるねんけどw そういう見えない問題を突き止めて、解決していくのも、社員を含めパートナー全体の課題やったんかも知れんけど、よくよく考えてみると、通常業務以外のそんな仕事に多くの時間や労力を費やさなアカン事事態が正常でない、とも言える。

にしても、人間は自分の価値観を捨てて、他人の考えを受け入れることなんてできるんか?って事を考えさせられた。

ただ、ひとつだけ分かった事と言えば、”思考停止にだけはなりたくない”って事か。。。

「もう考えないようにしないと」なんて死んでも口にしたくないわ。ゲロゲロ

Previous: Snow Boarding

Next: Sukiyaki Night
-7 Comments
By 山田マン02 18, 2007 - URL [ edit ]

俺的に、物事に関して固執するかどうかは、それに価値観を持ってるかどうかやわ。
自分の興味のあることや知ってることやったら絶対譲られんけど、興味のないことや知らんことやったら受容とか妥協とかには全然抵抗はない。
もしも、哲学とか数学とかについて話されたら、「そうなんや~。」としか言いようがないもんな。

俺は何でも受容する人間、何も受容しない人間は理解できるけど、受容していないのに受容しているフリをする人間が理解できない。本人からすると人間関係の円滑化という論理なんやろうか?

俺にとっても考えることは必要不可欠なもんやわ。

By 02 18, 2007 - URL [ edit ]

僕はたまにですけど、考えないようにしないっと思うときありますよ。もともとなんか考え出したらとまらんタチやし、ひどいときはそのことで頭いっぱいになって2日間ぐらい寝れへんかったり、逆に普通に睡眠時間とってるのに歩いてるときに眠るくらい異常な眠気がきたり。後者のほうは大学入ってなくなったけど、そういうときは意識的に考えをとめようとはします。体に害ですからね。

まぁ、体とか健康の部分をおいといたら、僕も思考停止なんてぜったい嫌やわ。ゲロゲロ。

P.S. 山田マンさんの受容してないのに受容してるフリは興味深いです。人間関係の円滑、見栄、本人は受容したつもりでいる、山田マンを困らせようとしている、これだけでも様々なことが考えれますね。

By T02 18, 2007 - URL [ edit ]

>山田マン
受容していないのに受容しているフリをする人間

人間関係の円滑化ってのはありそーやんな。仕事とか上司とか絡んできたら、そういう態度を迫られることだってあるかも知れんしな。そゆときはどうするべきなんやろw 価値観を貫き通すことが得策とは言えへん場面に出くわしたら、とりあえず、「受容しているフリしとこ」ってなるんやろか。

受容
相手の言葉を肯定したり否定したりしないこと。評価を加えずに、ただそのまま受け止めること。

上の意味やったとしたらフリとかしなくても、受容自体がもともと「そーなんやー」と同じような対応な気もする。

>カキ
健康を害してまで考え続けるか?と言われれば、否かも知れんなw でも、辛いから、苦しいから、メンドクサイから、ってトコでの思考停止は逃げでしかないと思う。問題と向き合ってないし、根本的な解決じゃないしな。考え抜いて→考えることを止める、って選択肢を選ぶのと、初めから考えないのはまた違うしな。ゲロゲロゲロ

By 山田マン02 19, 2007 - URL [ edit ]

ちなみに、教育学における理想の対応は、相手(生徒)の言うことを否定も肯定もせず、オウム返しにして、全て相手に話させることらしい。

例)
生徒・垣内くんがいじめるんです。
先生・垣内くんがいじめるんだね。
生徒・だからやめてほしいんです。
先生・君は垣内くんがいじめることをやめてほしいんだね。

なんじゃそりゃ。
生徒の自主性を重んじて、不当な誘導とかをしないようにという意図は理解できるけど、そんなこと機械でもできる。コミュニケーションではありえない、と思う。
ま~、もちろん絶対的な理想ではなく、理論の1つなんやろうけど・・・こんな先生には何も話したくないわ。

By T02 19, 2007 - URL [ edit ]

へーそういうのがあるんや。興味深いな。解決どうこうではなくって、全て話させるって事に何らかの効果があったりするんやろか。。。教師が提案、アドバイスするより、生徒が自分で考えることが理想ってこと?でも、生徒って、考えて、悩んで、切羽詰って、自分でどーしようもなくならな、わざわざ教師に相談とかせんよな。

By 02 23, 2007 - URL [ edit ]

垣内くんはいじめませんよw なんで僕がいじめっこなんですかwww


でも、そのオウム返しの話は聞いたことあります!コミュニケーションにおいて有効に働くらしいですね。
オウム返しじゃないんですけどそれに近いもので、内容を反復するというのも良いらしいですよ。たとえば、

先生:あなたは昨日、なんばに行きましたか?
生徒:はい。私は昨日、なんばに行きました。

っていう風な感じで、生徒は「はい」と答えるだけでじゅうぶんに先生からの質問に答えてるわけですけど、そのあとに質問文を肯定文(もしくは否定文)に変えた文を置くことでより円滑なコミュニケーションをとれるとかなんとか。
僕の思うに、話し手と聞き手の間で明確な意思疎通が図れてること、つまり話し手の言葉が聞き手にちゃんと理解されてること、それが話し手に確認できたということが重要なんだと思います。教育学の場合、不当な誘導などをうけずに、話し手が話しやすい環境をつくることが理想ってことですかね?

詳しい話はよくわからへんけど、ひとつのテクニックとしては使えそうですね!

By T02 24, 2007 - URL [ edit ]

確かに意思疎通の確認としてはアリかも知れんけど、ふつーの会話ではやっぱり不自然やんな。
ロボット同士の会話みたい。
それか、英会話基礎の例文とかに出てきそう。。。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析