スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Resume!

04 29, 2010
20100501.jpg

I feel like it's time to resume studying English from now.

I have been able to accomplish to become an early riser.
In April I was already at the office before 8:00 A.M. every morning.

2 weeks ago, I went to Hamamatsu and ate eel. It was great.
I was glad to see my old friends and his wife. Next I wanna go to a hotspring there!

そろそろ英語を再開しよう。

最近早起きできるようになってきた気がします。
4月は毎日8時までには出社してました。
(そのせいで残業20時間でしたが。。。まあ引き継ぎもあるということで。)

写真は浜松のうなぎ。やわらくてうまかったです。
出口夫妻にも会えて楽しかった。次は温泉やな。
スポンサーサイト
1 CommentsPosted in life

1Q84 BOOK3

04 29, 2010


Today I finished to read the book 3 of 1Q84. Actually I thought when I finished to read the book 2 that although it was vague but the story has ended in the book 2 cuz I often feel that kind of unclear stuffs in Haruki Murakami's works after reading. So the launch of book 3 surprised me a lot. I had bought a book 1 & 2 so I had not choice but purchased a book 3 almost impulsively. Every morning I read it on a crowded train. I like reading a book on a train. Especially on a crawded train which usually irritates people. That makes me forget about I'm on a crowded train. Anyway I have finised it today.

Of course that is not true story in this world, I mean that is a fiction. But there are some realistic aspects in the story like a NHK collector or a religious organization. Also what is different from other works of Haruki Murakami is that there are two protagonists this time. Usually a protagonist is one person in his works. The story of 1Q84 is written from two perspectives of Tengo & Aomame who are the protagonists. In the book 3, another perspective from Ushikawa who is also an important role in the story has been added. It must be difficult to write one story from three perspective without any contradictions.

It was interesting. I cannot imagine how this story will end in the book 4. I just felt sorry about there is few scenes of describing tasty foods. Anyway I'm looking forward to the book 4.
1 CommentsPosted in books

movie all night

04 27, 2010
I watched movies all night last Saturday at the Million theater. All of the movies we watched were great so I cannot sleep at all. I liked Million yen & scowling girl the best.

Ultra Miracle Love Story


Seagull Buffet


Million yen & Scowling girl
0 CommentsPosted in Movie

Japan - The Strange Country

04 13, 2010

English version


Japanese version

This video is quite interesting. What impressions of Japan do foreign people have? These information are almost true and not so exaggerated.

Spring luxury

04 06, 2010
20100402.jpg

マットが夏にアメリカに帰ってしまうということでその前に皆で九州に行くことにしました。

4月2日

前日酒を飲みすぎ旅行の用意もしないままカーペットで寝てしまう。朝5時過ぎに起きてシャワー浴びて大急ぎで用意する。5時半に家でる。9時過ぎには福岡着く。金曜の朝から福岡に着いたものの予習が足りずにキャナルシティーに漂着してしまう。キャナルシティーが特別旅行で行くような場所でないことを知り、ようやく本屋でまっぷるを購入し、スタバで旅計画を立てる。

20100404.jpg

食べログでも好評のラーメン屋節ちゃんへ行く。途中、キャナルシティーを出たとたん知らぬ間に風俗街に迷い込む。「外人さんもOKですよ。」の呼び込みにマットが喜ぶ。節ちゃんのラーメンは安くてうまい。個人的にはそもそも豚骨より醤油派なので、ここらへんの感覚は好みの問題。

この時すでに福岡は観光する街ではなく食べ歩く街であることに密かに気づく一同。ただ、昼間から飲み歩くわけにもいかず、動物的に何らか身体を動かさないとお腹も空かないために太宰府天満宮に行ってみる。菅原道真、学問の神様、牛、麒麟などをゆるーく堪能する。韓国人のおばちゃんツアー観光客は皆髪型が同じ(クリクリパーマ)でVivid colorの服装をしていることにもってぃーが興奮する。確かに。彼女たちはツアー客であることがひと目でわかるようにネームカードを首からぶら下げているのだが、そんなものは100%不必要なくらいに同じ髪型をしている。ネタかも知れない。

20100403.jpg


ふらりと入った明太子屋のゆず明太子がおいしかったので実家に送ろうと思って買うことにした。配送日時を確認すべく実家に電話する。おかんが出る。明太子を送るために電話したというのに逆に仕送りを催促される。そしてお店のおばちゃんに笑われる。その後、福岡市内に戻る前にジャパニーズカフェで一服するとする。川沿いで緑葉混じりの九州桜を眺めながら抹茶をすする。春の贅沢。のんびり電車で福岡市内に戻ってチェックインして休憩する。もってぃーのiPhoneから流れ出る相対性理論のゆるゆるメロディーとどことなく色気なボイスにウキウキしながら博多の夜に備える。To be continued...



1 CommentsPosted in Trip
Twitter
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。