スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How easy to catch English spoken by Japanese

06 07, 2011
Today I took a day off.
As you may know, taking a day off on weekday can makes you refresh.
Please try it.

Watching this video, I thought English spoken by Japanese is very easy to catch.
In this video, Mikitani san speaks English. It's easy to listen to.

English spoken by native speaker sounds more complicated because of its pronunciation.
Especially when they naturally talk, it's too difficult to understand what they say.
Conversation is not so difficult. I may even know all words they spoke.

Maybe I need to practice like sports.

Practice! Practice! Practice!




スポンサーサイト
0 CommentsPosted in language

Four hours

06 07, 2011
ひさびさ更新。

最近テニスやっていないのでお腹の肉がついてきました。。。


はてブからweb上ウロウロしてたら、MIRAI株式会社という会社の人材募集のその他詳細の欄に良い事書いてありました。
2009年なんでちょっと古いけど。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
- 残業ゼロ主義です。
僕はアマゾンのウェブサイトマネージャーを勤めた時は自分のスタッフの勤務時間を朝10時~18:00時までさせました。それでも、まかされたプロジェクトは全てスペック通り、オンタイムでロールアウトする事が出来ました。仕事を効率よくする事によって、残業はする必要はない。

たとえば、人は8時間寝る、8時間仕事するとすれば、残りは8時間しかない。しかし、通勤時間、お風呂に入る時間、食べる時間、うんちする時間、男のプライベットタイムなども含むと、その8時間がたとえば4時間になってしまう。

この4時間を大事にしないと行けないと僕は考えます。

たとえば、勉強したり、好きな人と一緒にいたり、遊んだり、研究したり。しかし、8時間以上に勤務すると、寝る時間を減らしたり、その他のことを犠牲にしないと行けない。社長である僕の仕事の一つは、スタッフが仕事場でだけではなく、仕事以外のことも楽しく、健康よくやっている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

4時間という考え方、シンプルで好きです。見習おう。

一点。ここでは残業=不必要。と書かれてますが、個人的には残業が必要なときもあると思ってます。

業界や職種によっては納期が厳しかったり、その日に仕上げなければならない仕事だってあるだろうし。

あと、新しい仕事の場合、はじめのうちは時間を費やした分がイコール成長になるとも思います。

でも、長期的にはやっぱり8、8、4を規則正しくやって、
残りの4時間で何かやるのがええんかなー。


あ、TOEICは最近全然やってません。抱負980点とか書いてたな。。。
あと、簿記2級は2月に合格。
昨年10月に始めて11月に3級、2月に2級取れたんで効率良かった。
二度とやりたくないですw でも仕事でめっちゃ役立ってる。
中国語はぼちぼち。震災影響でテスト延期なったけどたぶん準4級は受かる。

さて、今週からごじらー(5時に起きる人)です。

来週から再び中国語研修(6時起き、8時授業スタート)なので備えます。

この歌頭の中から離れまへん。。。

「キミは自分を楽しんでる?」

Basic is important.

02 10, 2011
「基礎が大事」という本当の意味を理解しているか?

このTVのプログラムたまたま見てておもしろいなーと思ったんですが。

東大生合格した受験生の勉強法。

基礎を徹底的にやる。

模試をやる ⇒ わからない問題に当たる or 間違える ⇒ 教科書まで戻って復習する

入試直前でもこの勉強法を貫いていたそうです。


この方法は「確かに」と思いました。


例えば、簿記の試験なんてまさに当てはまるところがあって、
簿記の合否を決めるのは、とにかく時間内に正確な「仕訳」できるか。
この問題だとこのパターン、ってのが何十通りもあって、瞬時にその判断ができるか。
ただそれだけ。そのパターンを頭に(体に)刷り込んでいくためにひたすら問題を解く。
なので、おもしろくない(笑)知的好奇心とかじゃない。
単なるちょっとややこしい算数の反復練習。
そして、反復練習にはそれなりに時間がかかる。

TOEICでも800後半から900超えるまでに、
なかなか点数の上がらない見えない壁がありましたが、
そのときも結局やったことは基礎の基礎。
文法問題でミスったところを理解するまでやり直す。
単語を覚える。
聞き取れない単語(知らない単語)をつぶしていく。
特別なことやるわけじゃなくて、
同じ模試を2回、3回と問題覚えるくらいに解く。
結局、それなりに時間がかかる。

そうやって訓練していくと、自分の中にある程度の
ボキャブラリーと基本的な文法が蓄積されてくる。
そもそもPart5なんて考える問題ではないので、
(単語・文法を知っているか?知らないか?だけ)
1問5-10秒で解答できるようになる。
つまり、リスニングのインストラクションの間に、
Part5の15問くらい解ける。

冒頭のエントリーにある「基礎は無意識に落としこむほど反復してこそ、本当の土台となる。」ということでしょうか。

さて家にいてもチャートばっかり見てしまうので外出します。
名古屋大雪ですが...

写真

SBI and my household accounts

02 06, 2011
あっ、という間に2011年1月が終わってしまいました。
ということでこの1ヶ月間の振り返り。

この1カ月の間にまず、眠っていた銀行口座を復活させて、
ずっと使ってた大手銀行をネット化手続きし、
新たにSBI住信ネット銀行とSBI証券に口座を開設しました。

SBI住信ネット銀行はサービスがかなり優秀で、
日経かMJか忘れたけど人気銀行ランキングでも1位に入ってました。

一番魅力的なのはATMでの引き出し。
セブン銀行なら手数料無料、ゆうちょ銀行、ローソン、Enet(ファミマ、サークルK、ミニストップ)でも月5回までは手数料無料。
月に5回も現金引き出すことないから十分ですな。

次に振込手数料。
これは月3回まで手数料無料。これも月に3回以上振り込むことってそうそうないので十分。

振込とATMでの引き出しで年間の手数料2000円くらいはかかってたから、
これだけでも口座開設の価値あり。

唯一の弱点はカードのデザインがダサい。
なんでこのデザインになってしまったのか?残念過ぎます。
10年くらい昔のカードか?ってデザインで、何色か選択肢があるねんけど正直どれもダサすぎて迷うw
無題

と、資産運用のインフラを整えるだけで1カ月かかってしまいました。(そのダサダサカードもまだ届いてないしw)

その間にバーチャルでFXやりましたが、2日目でいきなり、、
持ってるポジション全部のレートが予想と反対の動きをして(笑)、
トータル2万円くらいの損失が発生しております。。。
バーチャルで良かった。もっと勉強しないと痛い目見そうです。

あと、エクセルで家計簿的なものを3時間くらいかけてがっつり作りました。

デイリーの支出管理はiPhoneのアプリでやって、月末にエクセルの方へ給与明細とiPhoneの支出管理合計とあと引き落としで出ていく携帯代とか光熱費を入力すれば1カ月の収支が分かる方法。

毎月の収入は変わらないので、過去の支出平均(昨年9月からiPhoneアプリのデータある。)から1年後にどのくらい貯蓄ができるのかも推定できる。

で、なんとな~く分かったことは、だいたい「貯蓄額=残業代」なんじゃないかと。(まだ数カ月分しかサンプルがないので一概には言えませんが。)
残業って1時間を2000円くらいで会社に売ってる感覚で、
平日の貴重な時間を切り売りしないと貯蓄ができない、というのは残念な事実です。

ということで、2月から支出面を見直して、引き続きFX、投信、株を少しずつやっていきます。
2 CommentsPosted in money

2011's resolutions

01 05, 2011
■資産を運用する。

FX、投資信託を本格的に始めます。
株なんかも含めてすべて経済に連動しているのでいろいろ勉強しよう。


■語学力UP

TOEIC980点
あとは、集中力UP、語彙力UP、読解スピードUPの3つです。
どれも一朝一夕で伸びてくるものではないのでコツコツやります。
でもどうやってやろう?
毎日英語だけやるのは比較的簡単ですが、他のこともやりつつバランスよく取り組むのは苦手っす。。。


中国語検定4級(6月)
1月から会社の研修(入門編)を受けることになりました。入門編の学習時間は60時間で、
まじめに研修受けていれば準4級は合格できるみたいなので一個上の4級目指します。

<中国語検定合格までの学習時間目安>
準4級 60-120時間
 4級120-200時間

ベトナム語
忘却曲線上をたどってます。。。
将来使う機会もあるかもやしなんとかしたいところ。


■数字(お金、経済、投資 etc.)のこと

営業企画から経営企画に異動して損益管理とかやるようになって感じたことは、
意外に「簿記3級とか2級とかの基本的な知識で理解できることをやっている」
ということで、隣の部署から眺めていた時ほどのハードルの高さはありません。

これを機にもっと吸収したいなーと思っております。


他にも旅行、ウクレレ、本、映画とかいろいろとやりたい事はありますが、
そんなもんはここに書かなくてもなぜか勝手に達成されていくのでよしとしますw

Review of 2010

01 05, 2011
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

(2010年9月以来の更新。。。lazyですな。)

さて、2010年を簡単に振り返ります。備忘録にもなるし。

2010年の抱負は「TOEIC950」,「FX」,「早起き」とシンプルなものでした。
結論からいくと、「早起き」しか達成できず、新年の抱負らしい結果となりました笑

ただ、TOEICに関して言えば、ようやく900点を突破し、10月に945点にまでこぎつけました。
このおかげで英語の基礎力が大幅に向上しました。
あと、平日に早く仕事終わらせて勉強する習慣が身につきました。
これは本当に大きな収穫で、このおかげで簿記3級も11月受験で一発合格できました!
簿記の知識は今の部署での仕事にかなり役立ちます。

TOEICはあくまでも客観的な指標(しかも日本と韓国のみ)にしかならないので、
今後はもう少しスピーキングやライティングに時間をかけたいと思います。

一方で、ここまで来たら990点取りたいのでペースは落としつつもコツコツ目指そうと思います。


次に「FX」ですが、

結局いろいろと調べはしたものの始めるに至らず。。。(これが一番アカンかった。。。)
これは2011年に持ち越します。

最後に「早起き」。

4-6月  異動もあって仕事引き継ぐ先輩が7時半出社の朝型人間。
      先輩に合わせて早起きできました。でもキツかった。

7-9月  先輩が海外へ行ってしまい、リバウンド。

10-12月 なんとか8時過ぎには出社できるように挽回。

まだまだ自己管理ってなかなか難しいです。。。


あ、去年はウクレレ始めました。
同じ部署にウクレレ部の部長さんがいるので週一で昼休みに習ってます。

テニスは全然やってません。。。w

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Healing power from TV

09 07, 2010


深夜に帰宅してTVつけたらこのCM。なんだか癒された。。。

最近、生活リズムがくるってきた。前は8時出社できてたのに、最近は9時出社。。。

明日は早く起きよう。はやく出社しよう。そしてはやく帰ろう。

そしてグアテマラ戦見る。ぜったい見る。

I saw this CM when I came home and turned on the TV. She seems to have a kind of healing power.

Btw, a rythm of my life has gone wrong recently.

I used to be at my office at 8;00j but recently at 9:00.

Tomorrow morning I will get up early, be at the office early and leave there early.

And then will watch the match of Japan vs Guatemala. Without fail.

He quit the job and go to Tokyo.

08 30, 2010
My colleague quit the job last week. He went to my place to say good bye on Friday which is his last day. I hadn't known about that he quits our company. So it was a big surprise to me.

I asked him the reason why he had decided to quit.

He said, "Well, I wanna become a comedian..."

Eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee???

and he also said, "I will go to Tokyo soon and enter into the training school of Jinrikisya."

Jinrikisya is a one of big companies which have famous comedians.

I didn't think he is a that kind of person who is interested in comedy.

So I've never thought that he has such a big dream.

I hope that he become a big comedian and I can see him on TV sometime.

Acting is memory

08 29, 2010


先週インセプションを見て一番驚いたのは、ストーリーでもなければ映像でも音楽でもなくて、映画のオチでもなくて、渡辺謙さんの英語です。ラストサムライのときは発音がけっこう日本語英語だったのに(それはそれで映画の中の役に合ってた。)、インセプションでは驚くほど流暢になってました。ちょっと感動しました。


なぜこんなに英語がうまくなるのか?


を考えてみたんですけど、理由は2つあると思います。


1つはインタビューの中で渡辺謙が"Acting is memory"と言っている通り、「記憶する」ってことだと思います。俳優さんなので台詞を覚えるのは当然のことですが、謙さんはこうも言ってます。"Acting is memory. Dialogue, moving, feeling and everything." つまり、そのシーンの会話、動き、感情、全て(を記憶することが演技だ)。その人物になり切って演じる、台詞はもちろん動き、感情も全て記憶する。フレーズや単語だけで覚えるのではなく、シーン全体が焼き付いてるから記憶に定着しやすいんですね。確かに、英語の台詞を意味まで理解して感情を込めて演じているのと、机の上で「英会話よく使うフレーズ100」みたいなのを暗記するのとでは、覚えやすさ、忘れにくさ、そのあと実際に日常生活で使える応用力は格段に違ってくると思います。英語で演じる、そのシーンを本気で体験するってのは、生活の中で英会話を実践する英語圏への留学と同じ効果がある。台詞を完璧に覚えるって点では留学以上の効果があるはずです。


2つ目は、口の動かし方や発音・発声の仕方を徹底的にトレーニングすること。俳優さんや女優さんはこれをやる。でも、ふつうに「英語を勉強する」というと、大きく分けてリーディング、リスニング、スピーキング止まりで、発音や発声のトレーニングなんかはやらない。そもそも英語を初めて勉強する学校にはそういう授業がない。


この2つが渡辺謙さんの英語力が飛躍的に伸びたことのヒントだと思います。そしてこのやり方は日本での英語習得方法とは大きく異なる方法です。中学校、高校の教育課程でこの2つの方法に出会う機会があるとしたら、「演劇部に入る」か「ESSに入る」くらいでしょう。なので、日本の中学校、高校の授業に「英語劇」の時間を設ければ、間違いなく日本人の英語力は飛躍的に向上するはずです。生徒全員が本気でやらないと意味ないですが。そして思春期の中学生に英語劇を本気でやらせるのは難しいかもです。少なくとも自分が中学生だった時の環境を考えると不可能ですw

Japanese Firm Mandates Employees to Speak English (E)

08 28, 2010


A video news of WSJ features Rakuten, who mandates its employees to speak English. Fast Retailing, Japanese apparel company and has Uniqlo as their main brand, also announced that they prepare for the start to use English on work in Japan effective in March 2012. They say it's neccessary for Japanese company to survive as worldwide companies.

This topic is controversial and there are some opinions like "It's not efficient to speak English even among Japanese employees.", "Isn't it over-the-top?", or "Those who work with high performance and cannot speak English will go down. But those who work with low performance but are good at English will gain power.". Personally, these opinions are missing the point.

This movement to mandate employees to speak English is a message that "We would like people who have higher skill and performance to work with, regardless of their nationalities." That means even Japanese companies do not treat Japanese people favorably. They recruit people who have excellent skills from all over the world in order to survive in a world market. And then they will become multinational companies where foreign people account for more than 50% of the company's employees. So they mandate its employees to speak English from now on.

So this is not just a revision of in-house rule but a much bigger change in direction of company's stance. Three opinions above are basing on a premise that Japanese people are necessary. That's why they seem to be missing the point. Rakuten and Fast Retailing are saying that Japanese people are not vital any more.

Think about other Japanese companies.

Definitely they want to get excellent employees from all over the world. Take Panasonic, they have shifted to recruiting 80% of their new empolyees from foreign countries. I think especially giant companies will have this tendency in near future. Otherwise, they cannot survive.

Rakuten and Fast Retailing seem to be rather kind than over-the-top in terms of letting their employees to know in advance.

In case of Rakuten, they have created an environment where all of the employees can practice English by changing every Japanese letters into english such as menu of its cafeteria. Their stance is that let's do our best to survive this change even if there are some confusion in this 2 or 3 years. Their compulsory attitude that requires employees's cooperativeness is a typical culture of Japanese companies but is also a sort of kind.

Japanese companies can recruit to imcrease foreign people without letting existing Japanese employees know the importance of English. If they do so, sometime in the future, foreign employees who account for 70-80% of all employees would say "Why are we using Japanese? Is it inefficient?" By then it would be too late for us to say "No English!".
Twitter
Twitter ブログパーツ
FC2カウンター
Thanks for your comments
Which country ?
FEEDJIT

Links
ブログ検索
カテゴリー
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

Author:Kotetsu
TOEIC勉強してます。継続は力ナリ。

2007年04月 540(CASEC換算)
2008年05月 655
2008年11月 810
2009年05月 830
2009年10月 870(L480 R390)
2009年11月 880(L480 R400)
2010年01月 885(L450 R435)

2010年の抱負
早起き
TOEIC950点
FX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析